コラム

レンタルオフィスと比べて コワーキングスペースのデメリット

オフィス移転でコワーキングスペースへ

新しい事業を始める際には、まずレンタルオフィスを構えることが必要となります。
最近ではオフィスの形態も多様化しており、
一社に一つというレンタルオフィスとは違い、
他の会社と事務所を共有するコワーキングスペースという形もあります。
従来のオフィスのように個人の机が用意されているわけではないので、
ノートパソコンなどを持ち込み、自由に座って仕事をすることができます。
しかし、プライバシーがないため会社内の機密事項について、
話をすることなどはできません。
新たな人間関係からビジネスも発展するアイデアや、
人脈を得ることができる可能性もありますが、
どのような人達がそのスペースを利用しているかは分かりませんので、
人間関係のトラブルが生まれてしまうこともあります。
初期投資があまり必要ないという点ではよいのですが、
事務所内の機器も共有となりますので情報流出のリスクもあります。
備品などを置いておくスペースがないので場所を取る機材を使ったり、
倉庫を必要とするような事業の場合には向いていません。
オフィス移転で費用を抑えられるのですがマイナス面もあります。

コワーキングスペースの信頼性

また、顧客からの申込みを受け付ける窓口としての利用はできませんし、
書類を机の上に置いておいてくと実質的には誰でも見られる状態にあるため、
個人情報のデータなどを安心して保存しておくことができません。
オフィス移転して手軽に使い始めることができますが、
共同のレンタルスペースであるため、きちんとしたオフィスとして認められず、
金融機関に事業用の口座を開設したい場合にも、
審査を通らず受付てもらえない可能性があります。
また、事業資金を調達する時には審査を通過できない場合があります。
現在では、女性の利用者が少ないため、
女性に対応した雰囲気がないことで少し抵抗を感じるかもしれません。
また、住居の一部を事務所に利用しているわけではなく、
雑多で人が密集した空間で仕事をすることになりますので、
他者への配慮は必要となります。
他の人が話しに夢中になっていたりすると騒々しく、
自分のことに集中できなくて仕事がはかどらなくて困るというケースも考えられます。

新橋のオフィス|ル・グラシエルビルディングで新橋のオフィス探し