コラム

レンタルオフィスで起業するなら抑えておきたいメリットとデメリット

レンタルオフィスの概要

レンタルオフィスは業務に必要な机などが揃っていて、
賃貸借契約を結んで借りる事務所よりも、
低いコストで借りることができるオフィスです。
起業の際に事務所の維持費に不安がある場合など、
このオフィスを使用することでコストを抑えることができます。
バーチャルオフィスとは違い仕事場がついているので、
電話受けなどの機能だけでなくデスク作業なども可能です。
バーチャルオフィスは出会い系サイトの事務所などの影響で、
あまり良い印象ではなく取引で不利になってしまうこともあります。
またシェアオフィスとも違い毎日仕事ができる状態なので、
仕事場を共同で使ったりする必要がありません。
起業以外でも会社のオフィス移転を考えている場合、
様々なエリアから会社に合わせたスペースを探すことができます。
貸し出している場所によっては、
数年後のオフィス移転でも相談が可能なこともあるので、
非常に利用しやすい仕組みになっています。
実際に起業家による利用が増えているといわれています。

レンタルオフィスの良い点と悪い点

レンタルオフィスの良い点は、
第一に立地条件が良いことです。
土地価格の高いビジネス街でも、
コストを抑えて仕事のしやすい環境で働くことが可能です。
また仕事に必要な備品が最初から揃っていて、
保証金も安く済むので初期費用を抑えることができます。
業績やスケジュールに合わせて、
スペースを増やしたりすることも可能な場合があるので、
同じビル内でスペースを自由に使うことができることもあります。
その他にもバーチャルオフィスと違って法人口座を開設し易かったり、
法人登記が可能なことが多いのもメリットです。
逆に悪い点として、
オプションで料金が増えるサービスが多いので、
使い方によっては賃貸事務所と支出が変わらない場合があることが挙げられます。
また業者が廃業してしまうと、
オフィス移転をしなければならなくなってしまうので、
住所変更などの手間がかかってしまうことがあります。
登記の問題など、あらかじめ業者との契約をよく確認しておく必要があります。

新橋のオフィス|ル・グラシエルビルディングで新橋のオフィス探し