コラム

レンタルオフィスを借りるまで

業務発展における第一段階

レンタルオフィスが必要になるのはどういった時でしょうか。
状況は様々ではありますが、
その事業が成長していく過程にある時だといえるでしょう。
例えば、起業して間もなくレンタルオフィスを検討するのは、
自宅で業務を行うには限界がきているからでしょう。
その場合、業務自体が拡大傾向になければ、
なかなか場所を借りることに意識が向きません。
同様に、人材が増えて現在の事務所が手狭になったことから、
オフィス移転を考える場合もそうです。
双方の賃貸契約の合間に、仕事を継続して行う空間としても、
レンタルオフィスは有効に活用できます。
新規プロジェクトなど、チームメンバーが集まる場所が必要な際に、
月単位で借りることもできます。
借りるための手順として最初に考えるのは、やはり資金のことです。
成長傾向にある時期とはいえ、コストはできるだけ抑えたいのが本音でしょう。
まずは予算を立てて、これ以上は見直しが必要だというラインを決めておきましょう。

コスト意識を持って取捨選択

借りるにあたって、コスト意識を持ったら次の手順は場所を考えることです。
オフィス移転を視野に入れての仮住まいであれば、
現在のオフィスや次のオフィス候補地からは近いことが必須条件でしょう。
チームメンバーが集まるための場所で、
メンバーの移動がないのであれば都心から離れて価格帯を抑えることもできます。
共有スペースや備品、サービスなどの条件を検討していくのは、
コストと場所を決めた次の手順です。
希望地近くにあるレンタルオフィスを訪問したり、資料を送ってもらったり、
絞り込みの段階での作業となります。
実際に借りる前には、
周辺の環境を含めてしっかりと下調べを行うようにしてください。
特にオフィス移転を検討しているのならなおさらです。
賃貸事務所を契約するより費用を抑えられるといっても、
決して安いものではありません。
特に、オフィス移転としてある程度長期間のレンタルを検討している際には、
コピー機などの使用頻度や料金も検討しておく必要があります。
今現時点ではなく、ある程度先の状況を見越した上で借りるようにしましょう。

新橋のオフィス|ル・グラシエルビルディングで新橋のオフィス探し