コラム

オフィス移転の際にある現状回復について

現状回復はどの程度必要か

レンタルオフィスでは、オフィス移転の際に、
入居前の状態に戻すための現状回復をする必要がありますが、
その程度は、それぞれの場合で大きく異なります。
オフィスの改装をほとんど行っていなかった場合には、
それほど手間取ることはないかもしれませんが、
新たに壁を設置したり、壁紙や床材を変更したりする場合も多く見られますから、
そのような場合には自ら撤去作業を行うのは困難な場合もあり、
専門の業者に依頼することになります。
また、新たに設置したものの撤去だけではなく、
元々あった設備の点検・クリーニングも必要になります。
蛍光灯などの照明器具も新品に交換する必要がありますし、
給湯室やトイレなど、設備の交換をする必要がある場合もありますので、
確認が必要です。
また、窓ガラスが割れていれば交換が必要ですし、
一般的な住宅用賃貸の場合とは異なり、不特定多数の人が出入りするという点から、
経年劣化が認められていないので、念入りにする必要があります。

現状回復工事で気を付けるポイント

まずは、レンタルオフィスの契約書で、現状回復について、
どのような説明があるのか、しっかり確認することが必要です。
なかには、契約書に現状回復する際の業者が、
前もって指定されている場合もあるので注意が必要です。
オフィス移転のスケジュールを立てる際には、実際に現状回復工事が、
どのくらいの期間が、かかるのかについて、考慮しておく必要があります。
オフィスをどの程度、改装していたかによって、期間は変わってくると思われますが、
オフィス移転する際には、すでに現状回復工事が完了していることが必要ですから、
回復まで1か月かかってしまうとなると、
実際のオフィス移転は、その後となるので注意が必要です。
もし、レンタルオフィスの契約期間が決まっている場合には、
その契約満了日に合わせたスケジュールを立てる必要がでてきます。
また、業者の選定の際には、詳しい説明をしっかりと行ってくれるところを、
選ぶようにしましょう。
複数の業者に見積もりをとるのも得策といえます。

新橋のオフィス|ル・グラシエルビルディングで新橋のオフィス探し