コラム

賃貸オフィス選びはエントランスの印象にも注目しよう

エントランスからメンテナンス具合を把握する

賃貸オフィスにとって一番大切なポイントといえばどんなところでしょうか。
賃料、立地条件、セキュリティ、間取りなど、優先する項目によってそれは様々ですが、訪問される方がまず目にするのはエントランスですよね。
エントランスというのはオフィス賃貸の第一印象を左右する顔のようなもの。つまり企業のイメージを作る場所でもあるのです。
そんなエントランスがしっかりとメンテナンスされていなければ訪れたゲストはどう思うでしょうか。
やはり好印象を抱くことはないでしょう。
では賃貸オフィスのメンテナンスをチェックするために注意すべきポイントについてご紹介しましょう。

エントランスのグレードを確認する

賃貸オフィスの印象はエントランス部分のクレードによってほぼ決まると言っても過言ではありません。
このグレードというのはエントランス全体のデザイン、使用している素材、照明など、全体的に高級感と重厚感があるのかどうかという点です。
もちろん高級感を重視しない企業はそれぞれのイメージに合ったデザインのエントランスから選んでいくことが望ましいのですが、エントランスの印象でほぼイメージが固まってしまうことは事実でしょう。

清掃の中身をチェックする

賃貸オフィスに清掃が求められることは至極当然のことですが、清掃がどこまで行われているか、行き届いた清掃であるかどうかは快適なオフィス空間を保つためにもしっかりとチェックしておきたいポイントです。
また日常清掃に加えて特別清掃も定期的に行われているかどうかも重要なチェック要素となります。

エントランスのセキュリティ

セキュリティに関する問題は今では当たり前のレベルになっていますが、賃貸オフィスの場合は入居している企業も多いことから完全にエントランスから入ってくる人物を監視することは難しいと言えます。
セキュリティの部分で確認すると言えばオートロック、警備員の常駐、セキュリティシステムの有無などになってくるでしょう。

新橋のオフィス|ル・グラシエルビルディングで新橋のオフィス探し