コラム

上野でオフィスを借りるメリットとデメリット

素顔もさまざまな上野エリア

上野のイメージは、人によって実に様々です。
かつて「北の玄関口」と呼ばれた上野駅の中央改札、アメ横のにぎわい、
上野公園の桜と西郷隆盛の銅像、パンダのいる動物園、
あるいは博物館・美術館やホール、
かつては「上野の山」であった東叡山寛永寺…
どれもみな等しく「上野」を形作る有名なモチーフです。
こうした名所が集中する上野ですが、賃貸オフィス物件の集中する地域は、
にぎやかな観光エリアからは一転して落ち着きを見せる
ビジネスエリアになっています。
江戸の風情を色濃く残すかたわら、鉄道の発達とともに
近代史に存在感を示す上野駅周辺は、人・モノ・情報が交流するポイントとして
常に時代の印象的な出来事の背景となってきました。
人の流れを創り出し、話題を提供するこの地独特のエネルギーは、
古くからビジネスの原動力となっていたに違いありません。

上野東京ライン開通でさらに便利に

上野駅は、JRの新幹線と在来線、東京メトロが乗り入れるほか、
京成電鉄の京成上野駅も隣接し、
都内23区を縦横無尽に移動できるのが最大のメリットです。
さらに、東北本線の乗り入れによる上野東京ラインも開通間近とあって、
混雑緩和だけでない利便性の向上という魅力がつけ加わりました。
当エリアでは近年特に、老朽化したビルや住居の建て替えなどが徐々に進み、
築浅の賃貸オフィス物件が増えているため、
よりビジネスニーズに合う条件からの比較検討がしやすくなっています。
昔ながらの生活の香りがそこはかとなく残る上野のビジネス街は、
抜群の足回りの良さを誇りつつ、
昭和の文化の片鱗を今も身近に感じることができます。

街そのものがパワースポットの上野エリア

数分歩けば御徒町やアメヤ横町のにぎわいにぶつかり、
上野広小路の交差点には百貨店を中心とした商業地区が広がっています。
また、反対方向に歩けば今や世界的な観光地となった浅草にたどりつきます。
商業形態として独自の歴史と商習慣、
そして強烈な個性を持つ上野~御徒町・上野広小路のエリアに馴染むには、
若干の時間を要しそうな印象を受けるかも知れません。
しかし、江戸の昔から維新の動乱を経て、激動の時代を見つめてきた上野は、
ある意味でトレンドメーカーの役割を果たしてきたと言えます。

新橋のオフィス|ル・グラシエルビルディングで新橋のオフィス探し