コラム

神谷町でオフィスを借りる

周辺環境

神谷町にほど近い新橋駅は、臨海副都心の交通基盤として、JR線・東京メトロ・
ゆりかもめなど数多くの路線が乗り入れ、毎日たくさんのビジネスマンが行き交う
オフィス街として全国的に有名な街です。
レンガ造りの駅前には、ひしめき合う様にビルが建ち並んでおり、夜になると
周辺に軒を連ねた沢山の立ち飲み屋や居酒屋に色とりどりのネオンが灯り
仕事帰りのサラリーマンで賑わいます。しかし、こうしたサラリーマンの聖地としての
新橋のイメージは、近年、塗り替えられつつあるようです。
大規模な再開発事業により隣接する汐留に建てられた巨大複合都市「汐留シオサイト」をはじめ、
周辺には次々と超高層ビルの建設がすすめられています。
これらのビルはオフィスだけでなく、ホテルやレストラン、ショッピングモールなど
観光スポットとしての役割も果たし、ビジネスの一大拠点としての新橋に
新たな魅力を与えることになりました。
また、神谷町を含む新橋・虎の門エリアは品川と同様に「アジアヘッドクォーター特区」
に指定されており、外国企業誘致プロジェクトの実施地区としても注目されており、
今後、アジアのビジネスの拠点になる事が予想されています。

神谷町は、アメリカ大使館、スペイン大使館、スウェーデン大使館など
各国の大使館が多くあり、またグローバルにビジネスを展開する外資系企業の
オフィスが入居するビルが立ち並ぶ国際色豊かなビジネス街です。
駅から4~5分のアクセスの良い場所には物件としてもグレードの高い賃貸ビルのほか、
海外から日本に駐在中のビジネスマンむけサービスアパートメントなどが
たくさんあります。
東京タワーからも近く、夜になるとライトアップした夜景をオフィスから楽しめる物件も
少なくありません。
虎ノ門・六本木・赤坂方面にもアクセスがよく、ホテルオークラをはじめ
ラグジュアリーなホテルもあります。
コンビニやカフェなど飲食店も豊富にあるので、打ち合わせや商談をするスペースにも
困ることはありません。

虎ノ門ヒルズの開業で新たな注目

東京都が進めていた虎ノ門から新橋を結ぶ「幻のマッカーサー道路」と呼ばれる
環状2号線の再開発計画により2014年6月に虎ノ門ヒルズがオープン。
マッカーサー道路も開通し、周辺一帯の交通の利便性や人の流れが大きく変化し、
東京オリンピックの開催にむけて付近一帯の活性化が期待されます。
地域の新しいランドマークとなった虎ノ門ヒルズには、約2,000名を収容できる3つの
カンファレンス施設があり、国際会議やシンポジウムなどの開催も可能です。
そのほかにもアンダース東京といったラグジュアリーホテルの開業により、
海外から出張したビジネスマンなども多く、都内屈指の人気のオフィス街です。

新橋でオフィスを探すなら、ル・グラシエルビルディングへお気軽にお電話(03-3578-8111)ください。

新橋のオフィス|ル・グラシエルビルディングで新橋のオフィス探し