コラム

虎ノ門ヒルズ開業で盛り上がる虎ノ門オフィスについて

虎ノ門ヒルズ開業

6月11日、超高層複合ビル「虎ノ門ヒルズ」が開業しました。この虎ノ門ヒルズは、高さ247メートルの超高層ビルで新しいランドマークとなっています。アメリカのハイアット系高級ホテル「アンダーズ東京」が日本初進出で入っているほか、高級住宅スペース、オフィスや会議施設、飲食店などの商業施設も約30店揃っています。虎ノ門ヒルズは、2020年開催予定の東京五輪に向けて、新たな国際的ビジネスセンターとしての役割も期待されています。

虎ノ門ヒルズ開業で注目の虎ノ門エリア

これまで新橋・虎ノ門エリアは、「町中がネクタイの匂いがする」などといわれたごく普通のビジネスマン街という感じでしたが、虎ノ門ヒルズの開業をきっかけに、新しい風が吹き込み、人の流れが変わり、華やかなエリアになるのではないかと期待されています。

虎ノ門ヒルズ開業で盛り上がる虎ノ門オフィス

新橋や虎ノ門エリアは少し前までは、官庁やビジネス街などが立ち並ぶ、「成熟した大人の町」でした。そうした出来あがった町に、虎ノ門ヒルズが開業したことで、再開発の起爆剤となったことは間違いありません。虎ノ門ヒルズの開業によって、人の流れが変わり、お洒落なグルメやプレイスポットが増えつつあります。このエリアは丸の内や西新宿といった、他のオフィス街のエリアと比較すると、ビルの規模は様々なので、幅広い業種の企業にテナント提供が可能です。再び盛り上がってきたこの地域に着々とオフィス開発がされています。

虎ノ門でオフィスを探すなら、ル・グラシエルビルディングへお気軽にお電話(03-3578-8111)ください。

新橋のオフィス|ル・グラシエルビルディングで新橋のオフィス探し